サプリの副作用を避けるには?負担のないバストアップアイテム

バストアップサプリやクリームの副作用が気になる方へ

 

バストアップクリーム_副作用

 

皆さんは自分のバストに悩みはありますか?
バストに関する悩みは、他の人には相談しにくいですよね。
このページにたどり着いた方も、バストに何かしらの悩みを抱えているのではないでしょうか?

 

バストアップの商品を探していると、「プエラリア配合!」という商品をよく見ると思います。
プエラリアとは女性ホルモンを活性化させる成分でその効果は大豆イソフラボンの40倍とも言われいる育乳成分です。

 

効果の強いプエラリアですが、気になってくるのが副作用の問題。

 

実はプエラリアは2017年にはニュースに取り上げられるほど、厚生労働省でも健康被害が注意されている成分なのです。

 


過去5年(平成24年~今年4月末日)の健康関連相談209件について、
・2015年度及び2016年度は年間100件近くの危害情報が寄せられている
・ほぼ全員が女性で、年齢別にみると、20歳代が69件(33%)と最も多く、次いで40歳代が42件(20%)、30歳代が41件(20%)、10歳代が37件(18%)となっている
・月経不順や不正出血等の女性特有の生理作用に影響を及ぼしていると考えられる特徴的な危害事例が多く見受けられた としている

 

引用:【厚生労働省】プエラリア・ミリフィカを含む「健康食品」について

 

 

使用者の体質や飲み方によって副作用のリスクがあるプエラリア。

 

「副作用が怖い…だけどバストアップは諦めたくない!」

 

このページでは、そんな人におすすめな副作用のリスクが低いバストアップの方法をご紹介します。

 

早速一緒に見ていきましょう。

 

 

副作用を抑えるサプリ・クリームの選び方

 

バストアップクリーム_副作用

 

 

副作用が怖い人でも、安心してバストアップできる方法があります。
それはいたってシンプル。プエラリア非配合のサプリ・クリームを選べばよいのです!

 

プエラリアには植物性エストロゲンという女性ホルモンによく似た成分が含まれています。
私たちの体が、植物性エストロゲンを摂取すると本物の女性ホルモン(エストロゲン)と錯覚し、バストアップを助けてくれる。

 

そのためプエラリアを摂取するとバストアップができるという仕組みです。

 

しかし、女性ホルモンが増え過ぎてしまうと、当然のことながら、ホルモンバランスが崩れ、体調不良などの副作用を引き起こしてしまいます。
そのためプエラリアには副作用の危険性があると言われております。

 

つまり、バストアップの商品を選ぶ際は、女性ホルモンに影響しない成分を選ぶことによって副作用をのリスクを低くすることができます。

 

「女性ホルモンに影響しない成分でバストアップすることは可能なの?」

 

答えは可能です!

 

ある成分を使用することによって、女性ホルモンに影響せずバストアップすることができるのです!
そのある成分とは、美容業界でもかなり注目されている「ボルフィリン」という成分です。

 

 

バストアップに効果的なボルフィリンとは?

 

バストアップクリーム_副作用

 

ボルフィリンは、脂肪細胞の増殖・分化を刺激し、脂肪細胞を増加する働きがあることが認められた新成分です

 

フランスで実績のあるセダーマ社が、研究・開発をし、ハナスゲというユリ科の植物の根に含まれる 「サルササポゲニン」と呼ばれる原料の中からその働きを解明しました。

 

※ボルフィリンとはこの成分の開発を行った「セダーマ社」が付けた名称。そのためセダーマ社以外のバストアップクリームには「ハナスゲ根エキス」という名称で記載されています。
購入する商品の成分表にボルフィリンという記載がなくても「ハナスゲ根エキス」という成分が書かれていた場合、同成分が配合されています。

 

 

ボルフィリンを活用して安心バストアップ

 

バストアップクリーム_副作用

 

では、新成分ボルフィリンという成分はどんな効果を発揮するのでしょうか。

 

ボルフィリンの強みは何といってもその効果の高さ
開発会社「セダーマ社」の行った臨床実験ではその効果の高さにバストアップ業界に大きな影響を与えました。

 

この臨床実験は

 

18歳から35歳ブラカップサイズ65-70Bまたは75Aの女性30人を対象に行いました。
実験方法は、片方のバストのみに1日2回、ボルフィリンを5%配合したクリームを56日間塗布するという内容。

 

その結果は以下の通りです。

 

バストアップクリームに含まれるボルフィリンの試験結果①

バストアップクリームに含まれるボルフィリンの試験結果②

 

引用:http://www.neones.co.jp/cosmetics_details.html

 

 

28日後には平均して6.6%のバストアップを達成。
56日後にはなんと8.4%ものバストアップ効果を発揮することができました。

 

例えば、脂肪組織が300ccのバストであった女性の場合、約2ヶ月(56日)で325cc(+25cc)になった計算になります。
※効果には個人差があるため結果を保証するものではありません。

 

また、ボルフィリンはプエラリアとは違い、女性ホルモンに影響せず脂肪細胞のみを増やすため、男性が塗ってもバストアップする効果が期待できます。

 

 

ボルフィリンの副作用

 

バストアップクリーム_副作用

 

 

ボルフィリンは女性ホルモンに影響なく、塗った部分の脂肪を増やすことで高いバストアップ効果が期待できる成分だということがわかりました。

 

それでは、ボルフィリンは本当に副作用はないのでしょうか?

 

ボルフィリンは、女性ホルモンに影響しないためバストアップ関連商品の中で最も多いホルモンバランスからくる副作用は出ません
大手ショッピングサイトや口コミサイトの使用者の口コミも確認してみたところ、ボルフィリン配合のバストアップクリームを使用した後に、副作用が起きたというものはほとんど見られませんでした。

 

もしも副作用が起きるとしたらその原因はアレルギー反応の可能性があります。
ボルフィリンはハナスゲという植物からとれる成分なので、植物アレルギーをお持ちの方は使用前にしっかりとパッチテストを行いましょう。

 

 

ボルフィリン配合バストアップクリーム「ラ・シュシュ」

 

副作用が気になる方におすすめの成分ボルフィリンは、塗った部分の脂肪を増加させる効果があるため、サプリとして内服することはできません。

 

そのため、ボルフィリンを使ったバストアップをする際にはクリームでのバストアップ方法となります。

 

ボリフェリン配合のおすすめのバストアップクリームは、口コミでも人気のラ・シュシュ

 

作用の少ないバストアップクリーム:ラ・シュシュ

 

ラ・シュシュは、ユーザー効果実感率95%を超えるバストアップしたい女性の人気のバストアップクリーム。
配合成分はボルフィリンに加え、肌を滑らかにしハリツヤのある美肌へと導いてくれるセサフラッシュを配合。

 

この二つの注目成分が贅沢に配合されているので、バストをボリュームアップさせ触りたくなるような美乳を目指すことができます。
ほかにも、弾力やハリや潤いに効果的な美容成分がたっぷりと詰まっている嬉しいバストアップクリームなのです。

 

また、ラ・シュシュは大手ショッピングサイトや、@コスメのバストケア部門で何度も1位を獲得したことのある実績もあるほど注目の商品です。

 

 

ラ・シュシュの詳細はこちら

 

 

副作用を抑えながらバストアップの方法まとめ

 

バストアップクリーム_副作用

 

以上が副作用を抑えてバストアップする方法でした!

 

ここまでの内容をまとめると、

 

●バストアップの際に起きる副作用で最も多い割合を占めるのはホルモンバランスの乱れ
女性ホルモンに影響のない成分を活用することで、アレルギー以外の副作用を抑えることができる。
女性ホルモンに影響がないおすすめの成分はボルフィリン
ボルフィリンには脂肪を増加させる効果がある。
ボルフィリンが配合されているクリームで人気のものは「ラ・シュシュ
●「ラシュシュ」はプエラリア非配合にも関わらず、多数の実績・口コミを誇るアイテム。
●外側の脂肪を増加させる効果のため、男性でもバストアップが可能。

 

 

また、バストアップクリームの情報で捕捉するとしたら

 

バストアップクリームはサプリと違い体内に入れる必要がないため、より副作用が起こるリスクを低下することができる。

 

などもあげることが出来ます!

 

 

せっかくバストアップするために使用するバストアップアイテム。
副作用が起きてしまってはもともこもありません。

 

バストアップアイテムを選ぶ際は、副作用のリスクも考えながら自分にあった商品をしっかりと見極めてあげて納得した商品を選んであげましょう。

 

 

ラ・シュシュの詳細はこちら


TOP 人気サプリ12選 副作用 男性とプエラリア 飲み方 人気クリームランキング