プエラリアとホルモンバランスの関係

ホルモンバランスの乱れが1番の天敵?


ホルモンとの関係について

プエラリアに限らず、ホルモンに関係しているサプリメントを飲用すると、副作用を起こす可能性があります。

それが「ホルモンバランスの乱れ」です。

他のページでも説明していますが、特にプエラリアは身体に対する影響の強い成分です。

というのも、女性ホルモンのエストロゲンと似たような成分である「植物性エストロゲン」が含まれていることで、基準の摂取量を超えて摂取してしまった場合に、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

その結果、生理不順や頭痛、動悸などの副作用を引き起こしてしまうのです。

生理不順、頭痛、動悸

また、更年期障害などと違って、ホルモンの減少が無い状態でプエラリアを摂取すると、適切な飲み方や適正量飲んでいたとしても、過剰摂取と同じような状態に陥ってしまうケースがあります。

そのため、特に女性ホルモンと深い関係にあるバストアップを目的としてプエラリアを摂取する際には、注意が必要です。


女性ホルモンの分泌減退




女性ホルモンの分泌は30代半ばを過ぎると、どんどん減少傾向にあると言われています。

よくお腹に赤ちゃんができると、胸が大きく膨らみ、通常のバストサイズから2カップ程大きくなると言われています。

妊娠を経験された方はわかるかと思いますが、胸がパンパンに張りますよね?あれは、女性ホルモンの分泌がとても増加しているから起こる現象なのです。

妊娠をした妊婦は女性ホルモンが増加しバストアップに

そして、赤ちゃんが産まれ授乳が終了すると、みるみるバストがしぼんでいき元のサイズよりも小さくなってしまった・・・
なんて経験はありませんか?

実際まだ女性ホルモンの分泌が減るような歳でもないのに・・・

もちろん全ての女性が小さくなるわけではありませんし、また徐々に元の大きさまで戻っていく方もいらっしゃいます。



しかし、バストが小さくなったまま定着してしまう人もいます。これは、女性ホルモンの分泌量が関係していて、分泌量が安定することによってバストのサイズも落ち着いてしまったというのが原因。

そこで、プエラリアサプリを摂取することによって、バストのハリやサイズを取り戻そうという女性も大変多いです。そのため若い人だけでなく、授乳を終えた奥様などからも、プエラリアは多くの注目を集めています。

≫プエラリアの効果について

プエラリアを摂取可能な年齢とは?




では逆に未成年者などの若い人がプエラリアを飲むとどうなるのでしょう?

一般的に、プエラリアサプリなどのバストアップサプリを摂取し始めても良い年齢は、20歳以降だと言われています。

というのも、思春期は卵巣が成長している時期なので、女性ホルモンの分泌が増加しているため、バストも発育しやすい状態。バストが最も成長する期間は、大体11歳~15歳と言われています。

15歳以降はバストが発育するスピードが衰えていき、18歳頃までは成長し続けますが、その後は成長スピードが落ち着いてしまうのです。

バストが最も成長するのは11~15歳

このように、思春期というのは様々な体の変化を迎えている期間であり、非常にホルモンバランスが不安定であると言えます。

そのような時期にプエラリアなどの女性ホルモンの分泌作用のある成分を摂取してしまうのは、大変危険なことです。

さらに、こういった時期にプエラリアを摂取してしまうと、外部から多量のエストロゲンが取り込まれることになるので、本来のホルモン分泌機能が十分発達しないまま、最悪の場合損なわれてしまう可能性があります。

何よりも、説明した通り18歳頃まではバストが大きく可能性が十分にありますので、未成年の方は焦る必要はありません!

もし、どうしてもバストアップをさせたいという場合には、女性ホルモンの分泌が安定する20歳以降に、サプリメントを摂取した方が効果的です。


アダプトゲン作用で副作用知らずに!




皆さんは、アダプトゲン作用って聞いたことありますか?

ここではこのアダプトゲン作用についてご説明していきましょう。

アダプトゲン作用とは、女性ホルモンの分泌量を促したり、逆に抑制したりするなど、調整すること。

サプリメントによってはこの成分が含まれていることがあり、この成分によって月経期でも飲用することができるようになるため、サプリの飲み分けが不要になっている優れものという訳です。

※ちなみに、通常プエラリアが主成分として配合されているサプリメントは、卵胞期にのみ摂取する方が好ましいとされています。

実際にどういった成分なのかと言いますと、例えばプエラリアのように女性ホルモンに働きかけるブラックコホシュはエストロゲン(女性ホルモンの一種で、卵巣から分泌される卵胞ホルモン)の分泌を調整する性質があります。

またチェストベリーはプロゲステロン(女性ホルモンの一種で、黄体ホルモン)の分泌促進や調整を行ってくれる成分として有名です。

これらの成分が含まれているとアダプトゲン作用が働き、互いに過剰に分泌することがなく調整し合うので時期を問わずにサプリメントを飲めるというわけです。



これらの性質を活用したバストアップサプリで最も有名なのが「グラマー」というサプリメント。

グラマーはプエラリア・ブラックコホシュ・チェストベリーの3つの成分を配合することによって、どんな時期に飲んでも女性ホルモンが分泌異常にならないようになっているサプリ。

3種の成分配合で飲みわけの必要なし

このように、通常バストアップサプリは卵胞期や黄体期など、時期によって飲み分ける必要がありますが、これなら時期を気にせず飲むことができます。

≫グラマーの詳細ページはこちら



TOP 人気サプリ12選 副作用 男性とプエラリア 飲み方