ホルモンバランスとバストアップ

プエラリアと女性ホルモンの関係


 

育乳を謳う商品によく含まれているプエラリア
バストアップケアに興味を持っている方なら、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

プエラリアは女性ホルモンの分泌を促す成分として、話題になった成分。
タイでは古来より、若返りや、女性の美容をサポートする万能薬として使用されてきました。

 

しかし、プエラリアを摂取する際に注意しなくてはいけないのが、ホルモンバランスによる副作用の問題
今回は、プエラリアと女性ホルモンの関係と、摂取する前に知っておいて欲しい副作用についてご説明します。

 

 

エストロゲンと植物性エストロゲンについて

 

女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。
女性らしい身体つき、美しい肌、髪のツヤなど女性の美しさをキープするには、エストロゲンと呼ばれるホルモンが大きく関係しています。

 

このエストロゲンの分泌量は、20代後半でピークを迎え、徐々に減少していくという傾向が。
年齢をとると、バストにハリが無くなったり、サイズがダウンしてしまうのは、エストロゲンの分泌量の減少も影響しているのです。

 

 

プエラリアには、エストロゲンによく似た働きを持つ「植物性エストロゲン」が含まれていると言われています。
この、プエラリアに含まれる植物性エストロゲンのデオキシミロエストロールミロエストロールには、特に強いエストロゲン活性があると言われ、その強さはなんと大豆イソフラボンの1,000倍~10,000倍

 

 

女性ホルモンに強い働きをするプエラリア。
「摂取するだけで簡単に、エストロゲンが増えて嬉しい!」

 

と思いがちですが、プエラリアを摂取してエストロゲンだけを増やそうとしてしまうと、本来のホルモンバランスを崩してしまい、副作用や女性特有の病気に繋がってしまう危険もあるのです。

 

 

プエラリア摂取による女性ホルモンの乱れに注意

 

プエラリアの摂取は、女性ホルモンのバランスに大きく影響してきます。

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという2種類あると前述しましたが、この2種類の女性ホルモンは月の周期によって分泌量を変化させながらバランスを保っています。

 

生理前は気分も憂鬱になったり肌の調子も悪かったり、反対に生理が終わったあとは気分もうきうきで体調が良いのも、エストロゲンとプロゲステロンのバランスが変化していることが関係しているのです。

 

しかし、プエラリアを摂取しエストロゲンの分泌を人工的に増やしてしまうとどうなるのでしょう?

 

女性の体内ではエストロゲンのみが増えてしまい、本来保っていたホルモンバランスもパニックに

 

 

プエラリア摂取によっておこる副作用は次のようなものが考えられます。

 

プエラリアを過剰摂取した場合の副作用
・吐き気
・頭痛
・不正出血
・生理不順
・肌荒れ

 

エストロゲン増殖による病気
・乳癌
・子宮内膜症
・子宮筋腫
・子宮癌
・PMS

 

このようにプエラリアには、女性の嬉しい効果ばかりではなく、副作用の危険性もあることを理解しましょう。

 

 

正しい飲み方を守って安全なバストアップケアを

 

プエラリアが女性ホルモンに与える影響について、理解いただけたでしょうか?

 

プエラリアの摂取は女性ホルモンのバランスを大きく変えてしまいます。
ホルモンバランスを崩しやすいとされる下記の方は控えるようにしましょう。

 

妊娠中・授乳中・小児によるプエラリア・ミリフィカを
含むサプリメントの利用は避け、女性ホルモン関連の医薬品の服用者や治療を受けている人も、
自己判断で安易にサプリメントを利用することは避けるべきである。
」とされています。

引用:美容を目的とした「プエラリア・ミリフィカ」を含む健康食品 - 国民生活センター

 

また、女性ホルモンのバランスが普段から安定している方でも、プエラリアを摂取する際には、飲み方に注意が必要です。
下記のページでは、プエラリアを摂取する際の「飲み方」について詳しく記載しています。
プエラリアの正しい飲み方について、まだよくわからない...という方は、一度ご覧になってから摂取するようにしましょう。

 

プエラリアの正しい飲み方

 


TOP ランキング特集 選び方 飲み方 副作用 男性の育乳