女性特集の月経周期とホルモンバランス、プエラリアの関係性について徹底解説。

女性ホルモン・月経周期とプエラリアの関係

読了目安時間:6分

 

プエラリアとホルモン・月経周期の関係性

 

バストアップ効果が望めることで有名なプエラリアミリフィカですが、みなさんその理由と構造について「完全に理解できている!」と胸を張って言えますか?
「プエラリアサプリは卵胞期に飲むといい!」…この理由、答えられますか?

 

バストアップを目指し始めたころの管理人なら…正直にNOと答えます(笑)

 

当時は「プエラリアって、とにかく飲めば女性ホルモンが増殖するんでしょ?」なんてアバウトかつ安易な考え方をしていて、危うく危険な副作用と対面するところでした。

 

プエラリア配合のバストアップサプリの使用を検討しているみなさんも、きっと今まさにプエラリアやホルモンの知識についておぼろげ…そんな状態なのではないでしょうか。

 

 

実は、プエラリアを摂取するときにしっかりと女性ホルモンと月経周期の関係性について理解しておくことで、余計な副作用が起きるのを最小限に抑えることができるんです。

 

バストアップに効果的なホルモンの性質、分泌される次期や量、プエラリアの関係性まで徹底解説しますので、理解を深めて効果的なプエラリアの摂取に活かしてください。

 

 

目次(クリックで目的のページまで飛ぶことができます。)

 

女性ホルモンについて
エストロゲン(卵胞ホルモン)とは
プロゲステロン(黄体ホルモン)とは
女性の月経周期と各ホルモンの分泌時期
【図解】月経周期とホルモン分泌の時期
女性の月経周期
エストロゲンの分泌時期と量
プロゲステロンの分泌時期と量
プエラリアサプリの適切な摂取期間と量
卵胞期以外の時期に飲んだ場合
サプリ1カ月分は1ヶ月分じゃない?
卵胞期以外で出来るバストアップ対策

 

 

女性ホルモンについて

プエラリアとホルモン・月経周期の関係性:女性ホルモンについて

 

女性ホルモンは、女性の妊娠や月経を起こすために必要なホルモンとして存在しています。この2つのホルモンが体内で働くことにより、28周期とされる月経サイクル、「月経周期」が形成されるのです。
2つのホルモンは、それぞれエストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)と言い、それぞれ女性の身体に与える効果が違います。

 

プエラリアとホルモン・月経周期の関係性:ハートエストロゲン(卵胞ホルモン)とは
エストロゲンは女性の月経や排卵を起こす役割をもつホルモンです。
このホルモンには、女性の身体のコンディションを総合的によくしてくれる作用があり、肌の調子がよくなったり、明るい気持ちになったりなど、女性に嬉しい「絶好調期」をもたらしてくれます。このような働きから、「美人ホルモン」とも呼ばれています。

 

プエラリアとホルモン・月経周期の関係性:ハートプロゲステロン(黄体ホルモン)とは
プロゲステロンには、女性の妊娠のサポートをする役割があります。主に排卵を促す、子宮内膜を厚くし妊娠しやすくする、乳腺の発達を促進するなどといった働きがあることが特徴。
このホルモンが多く分泌される次期には、胸が張る、眠くなる、イライラするなどといった嬉しくない症状が身体に現れます。時期としては生理前に最も多く分泌されるのですが、これが生理前に胸が張る、イライラしてしまう理由なんです。
生理前の体調不良が顕著な女性は、プロゲステロンの分泌量が多いということですね。

 

 

その他のエストロゲンとプロゲステロンの働き
プエラリアとホルモン:ホルモンの働き

 

 

女性の月経周期と各ホルモンの分泌時期

 

プエラリアとホルモン・月経周期の関係性:周期

 

これは女性の月経周期と基礎体温、ホルモン分泌量の変化・時期についてまとめたグラフです。

 

バストアップサプリランキング女性の月経周期
28周期と言われる女性の月経周期には、月経期卵胞期排卵期黄体期という4つの時期が存在します。卵胞期と黄体期の間には1日~3日程の排卵期があり、この時期を境に2種類のホルモンの分泌量が変化し、卵胞期と黄体期が切り替わります。
生理予定日のずっと前に腹痛や少量の不正出血が起きるという女性がいますが、これがまさに排卵期に当たる時期で、一時的に身体の中のホルモンバランスが変化するからなのです。

 

卵胞期
生理後から排卵日にかけての期間。個人差もありますが、期間はおよそ7日ほどで、その間に、排卵を起こすためにエストロゲン(卵胞ホルモン)が分泌されます。
この時期には、肌の調子がいい、髪の毛がつやつやになるなどエストロゲンの影響が顕著に身体に表れます。

 

排卵期
卵胞期のエストロゲンの働きにより、卵胞から卵管へ卵子が飛び出す排卵が起きる期間です。

 

黄体期
排卵した卵子が卵管を通っている間に、子宮内膜を厚くし着床の準備をする期間です。この役割を果たすプロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されます。
たいていこの時期に、卵子または受精した受精卵が卵巣に到達します。

 

月経期
通称、生理とも言われている期間です。月経は、卵子が受精されなかった、あるいは黄体期に準備された子宮内膜に受精卵が着床しなかった場合、脳が子宮内で暑くなった子宮内膜を不要と判断し、体外に排出します。これが月経のメカニズムです。
この時期にはエストロゲン、プロゲステロンの両方の分泌量が低下します。

 

仮に黄体期に受精卵が子宮に到達し、子宮内膜に着床した場合は妊娠が成立したという事になり、月経期はやってきません。

 

 

 

プエラリアとホルモン・月経周期の関係性:ハートエストロゲンの分泌時期と量
エストロゲンは、月経期の後半から排卵日にかけての期間である卵胞期に最も多く分泌されます。排卵を起こすため、月経が終わったころから排卵前期にかけて緩やかに分泌量を増加させ、排卵日前日に分泌量のピークに達します。排卵後は、排卵させる働きを終えたので分泌量が減っていきます。

 

プエラリアとホルモン・月経周期の関係性:ハートプロゲステロンの分泌時期と量
プロゲステロンが最も多く分泌されるのは、排卵期から月経期の間にある黄体期です。妊娠をサポートする役割を持つこのホルモンは、黄体期の間に受精卵が着床するための厚い子宮内膜をつくったり、乳腺の発達を促します。
排卵日を過ぎると、エストロゲンと入れ替わるように分泌量が増加し、月経期前に分泌量が最も多くなります。

 

ここで無事に受精卵が着床すると、月経期を迎えることなくそのままプロゲステロンが分泌され続け、ホルモンバランスが変動し、妊娠症状が身体に現れます。
着床しなかった場合、不要になった子宮内膜を排出する月経期が訪れます。

 

 

プエラリアサプリの適切な摂取期間と量

 

プエラリアとホルモン・月経周期の関係性:プエラリアの実

 

プエラリア配合サプリの適切な摂取期間を理解するため、プエラリアの効能・特徴について一度考えてみましょう。

 

 

プエラリアミリフィカに含まれている成分は、ずばり植物性エストロゲン

 

名前がエストロゲンと一緒…ってことは美人ホルモン!?」と思い込んでしまいそうですが、植物性エストロゲンは厳密に言うとエストロゲンとよく似た性質をもつ、別の成分なのです。

 

 

とはいえエストロゲンという名前が付くほどですから、エストロゲンの代わりになるのはたしかな事。
植物性エストロゲンが含まれたプエラリアを飲むことで、美人ホルモンが増加し、バストアップにつながる。これがにプエラリアにバストアップ効果が期待されている第一の理由です。

 

 

では何故卵胞期に飲むのが一番良いと言われているのでしょうか?

 

 

まず、胸があまり大きくないという人は、胸が大きな人に比べてエストロゲン分泌量が少ない傾向にあります。この体質差は「お母さんもおばあちゃんも貧乳だった」という人がいるように、遺伝的なものからくるものです。

 

卵胞期に分泌されるエストロゲンの量が少ない…ということは、その時期にエストロゲンの量を増やして効果を高めてあげればいいという事。

 

ずばり、エストロゲン分泌が進んでおり調子の良い時期に食物性エストロゲンを摂取することで、更に良い効果を望めるというのがプエラリアを卵胞期に飲むといいと言われる理由なのです。

 

 

卵胞期以外の時期に飲んだ場合

 

卵胞期以外の月経期、排卵期、黄体期に飲むことはおすすめしません。その理由は、副作用がひどく起きやすいからです。詳しい理由は以下の通り。

 

月経期
エストロゲン、プロゲステロン共に分泌量が激減しておりホルモンバランスが周期の中で一番不安定な時期。プエラリアを飲んでエストロゲンを増加させるとホルモンバランスが大きく崩れてしまいひどい副作用・体調不良を起こしてしまいます。生理痛と併発するとつらい思いをするので、一番飲んではいけない時期と言えるでしょう。

 

排卵期・黄体期
エストロゲンの分泌量が減り、プロゲステロンが増加する時期でホルモンバランスが不安定な時期。ここでエストロゲンを増加させると両方のホルモンが増加してしまい身体がパニックを起こし、副作用と体調不良を引き起こします。

 

サプリ1カ月分は1ヶ月分じゃない?

 

プエラリアとホルモン・月経周期の関係性:サプリの摂取

 

これまでの記述からわかるのは、プエラリアサプリは毎日飲む必要がないという事。

 

上記の女性の月経周期グラフに、プエラリアサプリ「レディーズプエラリア」を飲む場合の好ましい摂取時期を照らし合わせると…

 

プエラリアとホルモン・月経周期の関係性:摂取時期

 

このオレンジ色で塗った卵胞期の時期のみの摂取でバストアップ効果が望めるという事になります。
卵胞期にあたる期間は7日間~12日間と言われているので、仮にレディーズプエラリアを1日2錠摂取するとしたら、一カ月に必要なサプリ摂取量は20粒前後。1箱が60粒なので、長くて1箱3~4カ月使用できる計算になります。

 

よくサプリの分量の表現法として「○ヶ月分」という表記を目にして「たった○粒の○ヶ月分なのにこんなに高いんだ…」と勘違いしてしまう人も多いでしょう。

 

また、「毎日飲まなくちゃいけないんだ」と勘違いして毎日真面目に飲んでしまい、ひどい副作用を起こしてしまう人も…。

 

 

このような余計な副作用は、しっかりと女性の月経周期とホルモンの関係性を理解できていれば未然に防ぐことができます。
この記事を見て「あ~なるほどなぁ~」と思っていただけた方は、是非得た知識を活用し、効果的なバストアップを目指してください。

 

一日の内で好ましい摂取のタイミングや効果的な飲み方について解説している記事もありますので、こちらの記事も参考にしていただければと思います。

 

サプリの効果的な飲み方

 

 

卵胞期以外で出来るバストアップ対策

 

上記の流れに従うと、プエラリア配合サプリを飲む女性は必然的に卵胞期以外はなにも飲まないことになります。

 

しかし、だからといってその期間何もできないというわけではないんです。

 

プエラリアを服用しない期間、つまり黄体期で飲めるバストアップサプリを服用することで、更なるバストアップ効果を望むことができるんです。

 

 

そこでおすすめなのが「グラマー」というバストアップサプリ。

 

プエラリアとホルモン・月経周期の関係性:グラマー

 

このサプリにもプエラリアミリフィカが含まれているものの、他の配合成分としてエストロゲンの分泌量をうまく調整してくれるブラックコホシュという成分が含まれているため、エストロゲンを増加させすぎることがありません。

 

そのため、副作用が抑えられ、黄体期にも飲むことが可能なのです。

 

プエラリア配合サプリのレディーズプエラリアと併用することを想定した摂取期間の目安は以下の通り。

 

プエラリアとホルモン・月経周期の関係性:摂取時期併用

 

大手のインターネット通販サイトで圧倒的な人気を誇るバストアップサプリグラマー。
合わせて、プエラリア配合サプリ「レディーズプエラリア99%」にも興味がある方は以下からぜひご覧ください。

 

 

レディーズプエラリア

グラマー


TOP 人気サプリ12選 副作用 男性とプエラリア 飲み方