月経周期とホルモン・プエラリアの関係

月経周期とプエラリアの関係

プエラリアと月経周期1

 

女性ホルモンの分泌を促進さることで有名な成分「プエラリアミリフィカ」。
女性らしさをアップさせたい女性たちの間で人気となっています。

 

しかし、プエラリアは女性ホルモンに影響を与える成分。
月経周期のことについて知らずに毎日飲んでしまうと、思わぬ副作用に繋がってしまうこともあるんです。

 

プエラリアのサプリが気になる方は、まずは女性の月経周期について理解して、正しい飲む時期を知りましょう!
このページでは、バストアップに効果的なホルモンの性質、分泌される時期や量、プエラリアの関係性まで解説していきます。

 

女性ホルモンについて

プエラリアと月経周期2

 

女性ホルモンは、女性の妊娠や月経を起こすために必要なホルモンとして存在しています。

 

女性ホルモンには、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類があり、この2つのホルモンが体内で働くことにより、28周期とされる月経サイクル「月経周期」が形成されるのです。

 

「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」はそれぞれ違った働きをします。

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)

エストロゲンは女性の月経や排卵を起こす役割をもつホルモンです。
このホルモンには、女性の身体のコンディションを総合的によくしてくれる作用があり、肌の調子がよくなったり、明るい気持ちになったりなど、女性に嬉しい「絶好調期」をもたらしてくれます。このような働きから、「美人ホルモン」とも呼ばれています。

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)

プロゲステロンには、女性の妊娠のサポートをする役割があります。主に排卵を促す、子宮内膜を厚くし妊娠しやすくする、乳腺の発達を促進するなどといった働きがあることが特徴。
このホルモンが多く分泌される次期には、胸が張る、眠くなる、イライラするなどといった嬉しくない症状が身体に現れます。時期としては生理前に最も多く分泌されるのですが、これが生理前に胸が張る、イライラしてしまう理由なんです。
生理前の体調不良が顕著な女性は、プロゲステロンの分泌量が多いということですね。

 

プエラリアと月経周期2-2

 

女性の月経周期と各ホルモンの分泌時期

プエラリアと月経周期3

 

女性の月経周期には、月経期、卵胞期、排卵期、黄体期という4つの時期が存在します。
卵胞期と黄体期の間には1日~3日程の排卵期があり、この時期を境に2種類のホルモンの分泌量が変化し、卵胞期と黄体期が切り替わります。
生理予定日のずっと前に腹痛や少量の不正出血が起きるという女性がいますが、これがまさに排卵期に当たる時期で、一時的に身体の中のホルモンバランスが変化するからなのです。

 

プエラリアと月経周期3-2

 

卵胞期

生理後から排卵日にかけての期間。
個人差もありますが、期間はおよそ7日ほどで、その間に排卵を起こすためにエストロゲン(卵胞ホルモン)が分泌されます。この時期には、肌の調子がいい、髪の毛がつやつやになるなどエストロゲンの影響が顕著に身体に表れます。
また、月経が28日周期の場合、月経が始まってから排卵するまでのおよそ14日間の基礎体温は、黄体ホルモンが作用していないため、比較的低温が続きます。

 

排卵期

卵胞期のエストロゲンの働きにより、卵胞から卵管へ卵子が飛び出す排卵が起きる期間です。

 

 

黄体期

排卵した卵子が卵管を通っている間に、子宮内膜を厚くし着床の準備をする期間です。この役割を果たすプロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されます。このプロゲステロン(黄体ホルモン)の働きにより、基礎体温は上昇します。

 

月経期

生理とも言われている期間です。月経は、卵子が受精されなかった、あるいは黄体期に準備された子宮内膜に受精卵が着床しなかった場合、脳が子宮内で暑くなった子宮内膜を不要と判断し、体外に排出します。これが月経のメカニズムです。
この時期にはエストロゲン、プロゲステロンの両方の分泌量が低下し、生理痛や頭痛などの症状が出る方が多く、心身ともにブルーな時期となります。

 

仮に黄体期に受精卵が子宮に到達し、子宮内膜に着床した場合は妊娠が成立したという事になり、月経期はやってきません。

 

 

プエラリアサプリの適切な摂取期間

プエラリアと月経周期4

 

プエラリア配合サプリの適切な摂取期間を理解するため、プエラリアの効能・特徴について改めて知っておきましょう。

 

プエラリアミリフィカに含まれているのは「植物性エストロゲン」と呼ばれる成分。
この植物性エストロゲンには、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする効果があります。

 

女性ホルモンが分泌されることで、女性にはバストアップや美肌などと言った嬉しい効果が期待できます。

 

しかも、プエラリアに含まれる植物性エストロゲンは、大豆イソフラボンの1000~10,000倍の働きがあると言われているほど作用が強いのです。

 

プエラリアと月経周期4-2

 

そんな働きをするプエラリアは、どの時期に飲むのが正しいのでしょうか。

 

一般的に、プエラリアは「卵胞期」に摂取すると良いと言われています。
卵胞期はエストロゲンの分泌も盛んで身体の調子も良い時期。この時期に、プエラリアを摂ることで、さらに良い効果を望めるというのがプエラリアを卵胞期の飲むといいとされている理由です。

 

また、卵胞期以外の月経期、排卵期、黄体期の時期にプエラリアを摂取することはおすすめしません。

 

とくに月経期は、エストロゲン、プロゲステロン共に分泌量が激減しておりホルモンバランスが周期の中で一番不安定な時期。プエラリアを飲んでエストロゲンを増加させるとホルモンバランスが大きく崩れてしまいひどい副作用・体調不良を起こしてしまいます。生理痛と併発するとつらい思いをするので、一番飲んではいけない時期と言えるでしょう。

 

そして、排卵期と黄体期の時期もエストロゲンの分泌量が減り、プロゲステロンが増加する時期。この時期にエストロゲンを増加させてしまうと、両方のホルモンが増加してしまい身体がパニックを起こしてしまうので注意が必要です。

 

女性のリズムに合わせて飲めるサプリ

プエラリアと月経周期5

 

ご紹介したように、プエラリアのサプリを毎日飲むのはおすすめできません。
プエラリアを摂取してバストアップを目指すなら、月経周期とホルモンの関係性を理解して適切な時期に飲むようにしましょうね。

 

その他にも、1日で好ましい摂取のタイミングや摂取量などプエラリアの飲み方について解説している記事もありますので、もっと詳しく知りたい方はそちらも参考にしていただければと思います。

 

プエラリアの正しい飲み方

 

また、ホルモンバランスがもともと乱れやすい人の中には「月経周期に合わせれるか心配」「副作用が怖い」と言う方もいらっしゃいますよね。
実はバストアップサプリのなかには、女性の月経リズムに合わせて作られているサプリも存在します。

 

月経周期に合わて飲めるバストアップサプリ「ルーナプレミアム」

 

プエラリアと月経周期5-2

 

ルーナプレミアムは、3年連続モンドセレクション受賞や販売個数40万個突破するほど実績のあるバストアップサプリ。
このサプリには、「エクオール」という大豆イソフラボンが体内で変換された状態の成分が配合されています。
大豆イソフラボンは女性ホルモンの分泌に良いと言われているのは、このエクオールの力。
しかし、体内で大豆イソフラボンをエクオールに変換できる人は、日本人の半数しかいないと言われているのです。
豆乳をいくら飲んでもバストアップしないと言う方がいるのは、もしかしてエクオールに変換する力がないのが理由かもしれません。
ルーナプレミアムは、このエクオールに変換された状態で凝縮されているから、エクオールに変換できない方でも効率的に成分を吸収することができます!

 

また、ルーナプレミアムは「正しい時期に正しい成分」を摂れるように2種類のサプリがセットになっていて、月経周期に合わせて飲み分けができるようになっています。

 

月経が終わる卵胞期には、エクオール14種類のビタミンやミネラルが豊富な美容成分が配合されている「きらきら期サプリ」を飲むことで、身体の循環が良くなり、さらに女性らしさをアップさせてくれます。

 

また、排卵期ころからは、女性掘ホルモンのバランスを整えてくれる働きをする「チェストベリー」や「ワイルドヤム」が配合された「まったり期サプリ」を飲むことで、イライラや体調不良を改善。ブルーになってしまう時期でも、しっかりサポートしてくれるのです。

 

月経周期に合わせ、ホルモンバランスを調整してくれるルーナプレミアム
プエラリア非配合で副作用のリスクも低いバストアップサプリとして、女性たちからも支持されています。

 

自分の身体に合わせて、調整して飲むことができるのは女性にとって安心ですよね。

 

ルーナプレミアムは、今ならなんと初回880円で購入できるキャンペーン中です!
詳しくは公式サイトをご覧ください!

 

ルーナプレミアムの公式サイト

 


TOP ランキング特集 選び方 飲み方 副作用 男性の育乳