バストアップクリームは痩せ型には効果なし!?効果的な使用方法をご紹介

痩せ型で悩む女性におすすめのバストアップ方法は?

 

痩せ型のバストアップクリーム

 

女性の中では「痩せ型」というのは、スタイル良くて羨ましいと思いますよね。
しかし、痩せ型の女性の中には、太りたくても太れない、バストに脂肪が付かない…など、悩みを抱えている方もいらっしゃいます。

 

たしかに、バストは脂肪が9割でできていると言われているので、脂肪が付きにくい痩せ型の人は胸が小さくなってなってしまいがちなのです。

 

しかし、痩せ型だからってバストアップを諦める必要はありません。
今回は、痩せ型の女性におすすめするバストアップの方法と、バストアップクリームについてご紹介します。
痩せ型の方でもバストアップクリームは効果はあるのでしょうか?

 

さっそく見ていきましょう!

 

 

痩せている人が胸が小さい原因は?

 

痩せ型の方がバストアップするためには、まずなぜ胸が大きくなりにくいのかを知っておきましょう。
胸が小さい原因を知ることで、痩せ型の方に合ったバストアップの方法で対策することが大切です。

 

 

脂肪が少ない

 

バストアップクリームとマッサージ方法!バストの構造

 

バストの構造の図を見てもらっても分かるように、バストは乳腺の周りに脂肪が集まり、クーパー靭帯で大胸筋と繋がれています。
初めにも少し書きましたが、バストは90%が脂肪で出来ていると言われており、バストサイズには脂肪が大きく関わってきます。

 

痩せ型の方はそもそも身体の脂肪が少ないので、バストにも脂肪がつきにくく貧乳になりやすいのです。

 

 

栄養が足りていない

 

痩せ型の女性は、胸の大きさだけではなく「太りたくても太れない」という悩みを持つ方もいらっしゃいます。

 

その原因として

 

・胃腸が弱く体内に栄養が吸収されていない
・代謝が良く消費カロリーが多い
・偏食、栄養の偏り

 

など、なんらかの原因で、身体に必要な栄養が足りていない状態になっていることが考えられます。

 

バストアップするためには、女性ホルモンも必要な要素です。
バストの構造でもご紹介したように、バストには乳腺というもので作られており乳腺を発達させるには女性ホルモンを分泌させることが大切なのです。
栄養が不足してしまうと、女性ホルモンの分泌もうまく行われずバストの成長の妨げになることもあります。

 

また、無理なダイエットをしている方などは、栄養が偏ってしまい1日のカロリーが足りていない場合もあります。

 

 

冷え性

 

痩せ型の方は、身体に脂肪が少ないので冷え性になりやすいと言われています。

 

身体の冷えは、体内の血行を悪くしてしてしまいます。
バストアップするには、体内の栄養をバストにしっかりと送ることが必要なので、血行が悪くなるとバストアップの妨げになります。

 

 

痩せ型の人でも使用できるバストアップクリーム

 

痩せ型のバストアップクリーム

 

上でも説明したように、痩せ型の人は脂肪が少なく、ほとんどが脂肪で出来ているバストも小さくなってしまうということが分かりました。

 

そんな、バストに脂肪がつきにくい痩せ型の女子の皆さんご紹介したい新成分が「ボルフィリン」です。

 

ボルフィリンは、よくバストアップクリームに配合されている成分で、
ユリ科の植物のハナゲスの根から抽出されるサルササボゲニンという成分に含まれる一つです。

 

このボルフィリンは、塗布した場所の脂肪を分化し増やす働きがあると言われています。
ですので、ボルフィリンが配合されたバストアップクリームをバスト塗ると、バストの脂肪を増やしてくれる効果が期待できるとされており、最近のバストアップ業界でも話題になっている成分なのです。

 

脂肪が少ない痩せ型の人には、ピッタリの成分ですね!

 

しかし実は、ボルフィリンが配合されたバストアップクリームはもともと脂肪がある方のほうがより効果があると言われています。
痩せ型の方が使用しても、もちろん効果は期待出来ますが、ボルフィリンの効果でバストの脂肪が増えたとしても、痩せ型を改善しない限りはせっかくついたバストの脂肪も燃焼されてしまいます

 

ボルフィリン配合のバストアップクリームを使用する際は、まず痩せ型の生活を見直して脂肪がつきやすくなるように改善していくことが必要です!

 

 

生活を改善して胸を大きくする方法

 

食事改善

 

まず痩せ型女子がバストアップするために脂肪をつけるには食生活の改善が必要です!

 

・白米をたくさん食べる
・たんぱく質をしっかり採る
・3食必ず食べる

 

白米に含まれる、糖質脂肪を増やすのに有効的です。
糖質を採ることで、中性脂肪として体内に蓄えられやすくなるので、皮下脂肪が増加します。
バストの脂肪も皮下脂肪なので、糖質を採って太ることを狙っていきましょう!

 

痩せ型のバストアップクリーム

 

 

また、たんぱく質の摂取も乳腺の発達にも欠かせない栄養素です。
特に動物性のたんぱく質には女性ホルモンの元となるコレステロールが豊富に含まれています。

 

痩せ型のバストアップクリーム

 

「バストを大きくするには唐揚げが良い」と言うのを聞いたことがありませんか?
からあげは動物性たんぱく質と脂質で出来ているので、バストに脂肪をつけるのに効率的な食べ物と言えます。
肉類が苦手な方は、プロテインなどの栄養価の高いジュースで手軽にタンパク質を補充してあげましょう。

 

そして、「お腹が減らない」からと言って1日1食などにしてしまうと、栄養不足の原因になってしまうので注意。
食生活の質だけでなく、量を改善するためにも1日3食は必ず食べて、しっかりと栄養を補いましょう。

 

 

血行改善

 

痩せ型の女性に限らず、冷え性の女性は筋トレやマッサージで血行を改善してあげることでバストに栄養が巡りやすくなりバストアップにも効果的です。

 

・大胸筋トレーニング
・お風呂上りにマッサージする

 

バストの土台となる大胸筋を鍛えてあげることで、バストの下垂を防ぎバストの形を大きくキレイに整え効果が期待できます。

 

大胸筋を鍛えるには、合掌のポーズが効果的です。
両手を合わせ、地面に水平に肘を胸の前にあげ、大胸筋を意識しながら10秒間キープしましょう。これを1日15回ほど行うことで大胸筋も鍛えることができます。

 

痩せ型のバストアップクリーム

 

 

また、腕立て伏せもおすすめ。
手を肩幅くらいに広げて、肘を外に向けてゆっくり曲げ身体を沈めていきます。10回×3セット。
筋力が少ない方は、まずは床に膝をつけながら行いましょう。

 

痩せ型のバストアップクリーム

 

 

お風呂をシャワーで済ましている方は、しっかり湯舟につかることも大切。半身浴で身体を温める習慣づくりをしてあげてください。
また、お風呂上りの血流が良いタイミングでバストマッサージをしてあげることで、女性ホルモン分泌も高まります。

 

痩せ型のバストアップクリーム

 

バストマッサージを行う際は、上でご紹介したような脂肪増加に働くバストアップクリームを使用してあげることでよりバストアップの効果も期待大!
二の腕や背中の脂肪をバストに集め、リンパをしっかり刺激して血行を改善させてあげましょう。

 

 

睡眠改善

 

成長ホルモンは夜中の22時~2時の間に盛んに行われており、その時間帯はゴールデンタイムと呼ばれています。
睡眠をとる時間帯は人の生活スタイルによって変ってくるので、このゴールデンタイムに睡眠を必ずとるというのは人によっては難しいと思います。
そこで心がけてほしいのが「良質な睡眠」を保つことです。

 

痩せ型のバストアップクリーム

 

良質な睡眠を保つには睡眠時間を7時間ほどしっかりとってあげましょう。
睡眠不足によって自律神経のバランスが崩れると、女性ホルモンのバランスも乱れてしまいますので注意しましょう。
また、寝る前のスマホなどは控えるようにすると睡眠の質もアップします。

 

 

まとめ

 

痩せ型のバストアップクリーム

 

今回は痩せ型の方のためのバストアップ方法をご紹介しました。

 

痩せ型だからと言って、バストに絶対脂肪がつかないという訳ではありません。
バストに脂肪がつきにくい痩せ型の方も、ご紹介したような方法で少しづつバストアップ向きの身体にしていきましょう。

 

バストアップの方法は色々あります。自分に出来そうなバストケアを少しづつでいいので始めることが大切です。
ご紹介したようなバストアップクリームを使用したケア方法は、手軽で痩せ型の方でも効果が期待できるバストアップ方法ですので、生活の改善とともに取り入れることをおすすめします。

 

 

当サイトでは、脂肪を増やすボルフィリン配合のバストアップクリームをいくつかご紹介しています。
気になる方は、是非そちらもご覧ください!

 

 

バストアップクリームランキング

 


TOP ランキング特集 選び方 飲み方 副作用 男性の育乳