バストアップクリームは産後のバストにも効果的?ケア方法をご紹介

産後のバストケア方法をご紹介!

 

産後のバストアップクリーム

 

「産後バストがしぼんでしまった…」

 

バストが垂れてしまうと見た目の年齢も上がってしまい、女性としての自信も無くしてしまいがち…

 

しかし、産後でも女として輝いていたい!と女性ならみんな思うはずです。
産後のバストを美しくするにはバストケアが必須になってきます。

 

バストケアの方法は色々ありますが、中でもおすすめなのが「バストアップクリーム」を使用したケア方法です。
バストアップクリームを塗るだけであれば、赤ちゃんのお世話で忙しいママでも手軽に始めることが出来ますよね。

 

今回は、手軽で人気のバストアップクリームについてご紹介していきたいと思います。
バストアップクリームに含まれる成分にはどんな効果があるでしょうか。さっそく見ていきましょう!

 

 

授乳後バストがしぼんでしまう理由は?

 

産後のバストアップクリーム

 

産後のバストは何故しぼんでしまうのでしょうか?

 

産後や授乳後に、バストが垂れてしまう原因は「乳腺」が影響していると言われています。

 

妊娠中・出産後は、妊娠前に比べて何十倍もの女性ホルモンが分泌され乳腺が発達し胸が大きくなります。
実際に出産を経験した方なら、自分のバストが大きくなりすぎてびっくりした経験もありますよね。

 

妊娠でバストが大きくなると、バストを支えるクーパー靭帯が過剰な負担がかかってしまいます。
クーパー靭帯は、伸びたり切れたりすると再生することができません。

 

妊娠によって普段より重いバストを支えているうちに、クーパー靭帯が破損してしまいバストが垂れてしまう原因となります。

 

また、クーパー靭帯だけではなく、バストが大きくなるとその分皮膚も伸びてしまいます。

 

授乳後が終わると、女性ホルモンの分泌量も通常に戻るので、結果的にバストのサイズも戻ります。
しかし、皮膚は伸びてしまったままになってしまい、ハリのない垂れたバストになってしまうのです。
なので、産後はバストが小さくなっているというよりは、しぼんでしまうというという表現があっている気がします。

 

デコルテのハリがなくなってしまうのもこれが理由です。

 

さらに、授乳をする際、赤ちゃんにバストを下に向かって引っ張られることもあり、下向きに垂れてしまうというのも原因の一つ。

 

このように、産後はいくつかの要因が重なってしまいバストがしぼみ垂れやすくなってしまうのです。

 

 

産後はバストアップクリームのケアがおすすめ

 

産後のバストアップクリーム

 

「一度垂れてしまったバストは何をしても意味がない…」
と落ち込む方も多いですが、諦めるのはまだ早いです!

 

産後、ハリが無くなったバストであっても、きちんとバストアップクリームでケアしてあげることで美しいバストを目指すことができます。
バストアップクリームに配合されている成分には、バストのボリュームだけではなく、ハリやツヤを改善してくれる成分が配合されているので、妊娠前のようなふっくらしたバストにも近づけることができるんです。

 

バストアップクリームには様々な有効成分が配合されており、商品によっても違ってきます。
産後のバストにボリュームを持たせたいのか、ハリやツヤを取り戻したいのか、自分の目的にあった有効成分のバストアップクリームを選んであげましょう。

 

バストにボリュームを持たせたい方におすすめ

 

女性ホルモンを活性化させる成分

 

妊娠前のボリュームのあるバストを目指すなら、女性ホルモンを活性化させてあげましょう。
女性ホルモンと同じ働きをする成分には「植物性エストロゲン」があります。

 

植物性エストロゲンが女性ホルモンを活性化させ、乳腺を刺激。
乳腺が発達することによりバストの脂肪も増えやすくなりバストアップにつながります。

 

植物性エストロゲンを含む成分には

 

・プエラリア・ミリフィカ
・大豆イソフラボン
・ワイルドヤム

 

などがあります。
女性ホルモンを活性化させて、バストアップしたい方は、こういった成分が配合されているバストアップクリームを選ぶことをおすすめします。

 

 

バストの脂肪を増やす成分

 

バストアップクリームに配合されている成分の中には、バストの脂肪を増やす成分として最近のバストアップ業界でも注目されている成分があります。

 

それが、「ボルフィリン」と」いう成分です。
ボルフィリンには、塗った箇所の脂肪細胞を分化し増殖させる働きがあると言われています。

 

ボルフィリンは女性ホルモンには影響しない成分なので、副作用のリスクも低く安全性の高い成分です。

 

 

バストにハリとツヤを持たせたい方におすすめ

 

バストにハリとツヤを与える成分

 

産後のバストの「垂れ」に悩む女性も多いですよね。

 

産後のバストアップクリームに欠かせないのが、ボリュームに効果的な成分とともに、ハリとツヤに効果的な美容成分です。

 

バストのハリに関係する成分には、次のようなものがあります。

 

・コラーゲン
・エラスチン
・ヒアルロン酸

 

皮膚の下にある真皮層はこの3つ成分で構成されています。

 

画:産後のバストアップクリーム

 

 

真皮層の約7割はコラーゲンで構成されていると言われています。
コラーゲンは皮膚の弾力やハリ、保水と言った肌の重要な役割を持っています。

 

そして、このコラーゲンの繊維を束にしているのはエラスチン
エスラチンは弾力があって細かい繊維で形成されているので、弾力繊維とも呼ばれています。

 

優れた保湿機能を持つゼリー状の組織がヒアルロン酸
皮膚の保水力はヒアルロン酸1gに対して水分6リットルを保水できるほどです。

 

この3つの成分が不足してしますと、バストにハリがなくなり、しわもできやすくたるみにも繋がってしまい、胸元が老けてみえてしまう原因となってしまいます。
こういった成分が配合されているバストアップクリームでケアすることで、バストの垂れを改善しハリのある若々しいバストを取り戻すことが期待できるのです。

 

 

スタイルを改善してきれいなママに

 

ママは家事に育児にやることがいっぱい。
そんな日常の中でも、簡単にできるママにおすすめのケア方法をご紹介します!

 

バストアップクリームを使ったマッサージ

 

画:産後のバストアップクリーム

 

ご紹介した有効成分が配合されているバストアップクリームを使用してバストをしっかりマッサージしてあげましょう!
バストアップクリームを使用することで、クリームに含まれている有効成分を肌からしっとりと浸透させることができ、マッサージの際に肌に起きる摩擦も防ぐことができます。

 

1.鎖骨周りのリンパを円を書くよう撫でます。
2.両脇からバストを中心に寄せるようにマッサージします。背中の脂肪をバストのほうによせるイメージです。
3.バストの下のラインをなぞり中心を通り鎖骨のあたりに向かって押し上げます。
4.最後に表面を両手で下から上にあげるようにしてマッサージします。

 

それぞれ10回行ってください。

 

 

適正なザイズのブラをつける

 

画:産後のバストアップクリーム

 

授乳中は、授乳ブラを着けていた方も多いと思います。
授乳ブラはバストを締め付けず母乳が出やすいように作られており、普通のブラに比べてバストの形を支えて形を良くするホールドの効果はありません。

 

卒乳後、授乳ブラのつけ心地に慣れてしまい、カップブラなどのホールド力のないブラを使用しているとバストの形も崩れたままになってしまうので注意しましょう。
出産後は、出産前とはバストのサイズが変わっているはずなので、きちんとサイズを測りなおして、産後にあったブラジャーを選んであげることが重要です!

 

 

大胸筋のエクササイズ

 

画:産後のバストアップクリーム

 

バストが垂れてしまう原因にはクーパー靭帯の破損という話がありましたが、このクーパー靭帯に少しでも負荷をかけないように大胸筋を鍛えてあげるのも効果的です。
忙しいママが本格的にジムに通うなどは難しいですよね。そんな方には自宅で簡単にできる宅トレがおすすめです♪

 

合掌のポーズ

1.背筋を伸ばして、肘が90度になるように手を胸の前で合わせます。
2.鼻から息を深く吸って、口から息をゆっくり遠くに吐きながら、両手を前に押し出してください。

 

15秒1セット、1日に5セット行ってください。

 

 

腕立て伏せ

1.両足をくっつけて膝をついて床に座ります。
2.腕を肩幅より少し広めに両手を床につけます。
3.胸の筋肉に意識を向けて上半身をしずめます。

 

10回1セット、1日に3セット行ってください。

 

 

ペットボトルのトレーニング

1.500mlのペットボトルに水を入れたものを2本用意します。
2.両手で1本ずつ持ったら足を肩幅に開き、腕を伸ばし胸の前で両手を合わせます。
3.息を吸いながら腕を横に開き手と肩がまっすぐ並んだら止めます。
4.そして息を吸いながら腕を元の位置に戻します。これで1回。

 

10回1セット、1日に3セット行ってください。

 

 

食事で身体の内側から改善

 

画:産後のバストアップクリーム

 

ママになると、自分の食事など後回しになりがちだと思いますが、しっかりと栄養を取ってあげないとバストにも栄養が届きにくくなってしまいます。
バストアップに良いとされる成分は食事から簡単に採れるので、意識的に日常に取り入れてあげてくださいね!

 

 

イソフラボン

 

女性ホルモンの「エストロゲン」に似た働きをする。摂取することで女性ホルモンが活性化する。

 

味噌・納豆・枝豆・豆乳

 

ポロン

 

「よう素」とも呼ばれる成分。イソフラボンと同様、エストロゲンを増やす働きがある。

 

ひじき・りんご・レーズン・キャベツ・ピーナッツやアーモンド

 

タンパク質

 

乳腺を発達させる、女性ホルモンの材料となる。

 

豆腐・納豆・卵・乳製品・鶏肉・牛ひれ肉・豚ひれ肉

 

ビタミンA

 

タンパク質をサポートし、肌を強化させる。バストに弾力とハリを与える。

 

ホウレンソウ・ニンジン・レバー・いか・うなぎ・鮎

 

ビタミンE

 

細胞の老化を防ぎ血流をよくし、乳腺の発達に役立つ。

 

ひまわりの種・落花生・大豆油、米ぬか油

 

 

産後太りをしてしまった方もいると思うので、そういった方はカロリー計算をしてバランス良くとってあげてくださいね。

 

 

まとめ

 

産後のバストアップクリーム

 

「産後バストがしぼんでしまう原因」と「産後におすすめのバストアップクリーム」をご紹介してきました。

 

妊娠と出産で女性の身体は大きく変化します。
しかし、女性ならいつまでもきれいでいたいと思いますよね。

 

出産後でも、体系やバストをキープしている女性たちは日々努力を欠かさず行っています!

 

産後のバストケアは日々の積み重ねが大切
少しづつでもいいので、ちょっとしたことから生活の中にバストケアを取り入れてあげてくださいね!

 

今回ご紹介したバストアップクリームを使用したマッサージなら、本当に簡単にバストのケアができるのでおすすめです。

 

 

出産前の、愛されバストとボディを取り戻してキラキラしたママを目指していきましょう!

 

 

バストアップクリームランキング

 

 


TOP ランキング特集 選び方 飲み方 副作用 男性の育乳