低用量ピル×バストアップクリーム併用する際の注意点

ピルとバストアップクリームについて

 

画:ピルとバストアップクリームについて

 

大きいバストは女性の永遠の憧れ。

 

最近では、胸を大きくしたい女性のために様々なバストアップ商品が発売されています。
なかでもバストアップクリームは、幅広い女性に合ったバストケア方法として人気を集めています。

 

ピルを服用中の女性のなかにも、バストアップクリームを試してみたいと思う方がいらっしゃると思います。
しかし、ネットや口コミには「ピルとバストアップクリームは危険!」などの情報を見ますよね…

 

実は、バストアップクリームのなかにはピルとの併用に適さない成分が含まれていることがあります。

 

しかし、成分をしっかり選べば併用することも可能なのです。
今回はピルを飲んでいても、安心してケア出来るバストアップクリームはどんなものか?解説していきます。

 

 

ピルとプエラリアの併用は危険?

 

画:ピルとバストアップクリームについて

 

ピルと併用すると危険と言われているのは「女性ホルモンの分泌量を増やす」成分です。

 

バストアップサプリやバストアップクリームに含まれている有名な成分で言ったら「プエラリア」や「イソフラボン」がこれに当てはまります。

 

特にプエラリアは、バストアップを希望する女性には、強い効果を発揮することで人気を集めています。
このページをご覧になっている方のなかでも、聞いたことがある方が多いのではないでしょうか?

 

なぜ、ピルとプエラリアの併用が良くないでしょうか?

 

 

まずそれぞれの成分について簡単に説明します。

 

 

プエラリアの働き

 

 

多くのバストアップクリームやサプリに配合されている「プエラリア」とは、タイやミャンマーを原産とするマメ科の植物です。
プエラリアには、女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」と似た働きをもつ「植物性エストロゲン」が含まれています。
それらの働きは、大豆イソフラボンの1000倍あるとも言われており、「植物性エストロゲン」は女性ホルモンにかなり強力な影響を与えます。

 

 

ピルの働き

 

画:ピルとバストアップクリームについて

 

ピルは「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類のホルモンが配合されている経口避妊薬と呼ばれる薬です。
使用する目的は人によってさまざまですが、主に避妊目的や、生理不順や生理周期の調整などに用いられています。

 

ピルに配合されている「エストロゲン」と「プロゲステロン」で女性ホルモンの分泌量をコントロールし、妊娠中と同じホルモンバランスを作ることによって、脳が妊娠していると勘違いさせることで排卵が停止します。

 

ピルを飲むことによって、卵巣から女性ホルモンが分泌されなくなり、調整をすることで女性ホルモンのバランスが安定するので生理不順やPMSが改善できるのです。

 

 

ピルとプエラリアを一緒に採ってしまうと…

 

ピルには「エストロゲン」と「プロゲステロン」を調整して女性ホルモンのバランスを安定させます。

 

プエラリアには「エストロゲン」の分泌を活性化する働きがあります。

 

ピルとプエラリアを併用した場合、二つが同時に女性ホルモンに働いてしまい、女性ホルモンが体内で増加しすぎてしまいバランスを崩してまうのです。

 

画:ピルとバストアップクリーム併用の副作用

 

女性ホルモンの量が増加しすぎてしまうと様々な副作用が起きる可能性があります。

 

副作用の例
・吐き気や頭痛
・生理不順
・不正出血
・黄体ホルモンの増えすぎで起こる、ホルモンバランスの乱れ
・生理の日が安定しない

 

このような副作用を引き起こさないためにも、ピルとプエラリア配合のバストアップクリームの併用は危険と言われています。

 

「ピルを飲みながらでも使用できるバストアップクリームは無いの?」

 

実は…そんなこともありません!
バストアップクリームに使われる成分のなかには、女性ホルモンに影響せずにバストアップを目指せる成分が存在します。
ピルと合わせてバストアップクリームを使用したい方には、その成分が配合されているバストアップクリームがおすすめです。

 

次ではピルと併用しても安全な成分についてご紹介していきます。

 

 

バストアップ界の救世主!ボルフィリンの効果とは

 

ピルを服用しながら、バストアップクリームを使いたい方には「ボルフィリン」という成分をおすすめしています。

 

ボルフィリンはユリ科の植物から抽出される成分で、塗布した箇所の脂肪組織を分化させ増殖させると言った効果があると言われています。また、脂肪の定着にも働く作用があると言われていて、バストに塗ることによってバストアップしそのボリュームをキープする効果が期待できるのです。

 

最近では、プエラリアからボルフィリン配合のバストアップクリームに切り替えたところバストアップに成功した!などの口コミも見られるほど期待値の高い成分になっています。

 

ご紹介したように、ボルフィリンは女性ホルモンに影響しない成分
バストの脂肪組織に働きかけるので、ピルと併用しても副作用が起こりにくいとされています。

 

画:ピルとバストアップクリームについて

 

胸を大きくするために、女性ホルモンの副作用がストレスになるのは結果的にバストアップに悪影響を及ぼすことも。
ストレスなしでバストアップケアするためにも、安心感のあるボルフィリンがおすすめです。

 

 

ボルフィリン配合バストアップクリーム「ラ・シュシュ」

 

画:ピルとバストアップクリームについて

容量 100g
主要成分 ボルフィリン セサフラッシュ
単品価格 8 ,800円(込)+送料680円
定期コース価格 初回4,400円 2回目5,980円 送料無料
質感 肌ざわりなめらかなゲルタイプ
香り 優しいバラ系の香り
購入できる場所 ネット通販

 

ボルフィリン配合のバストアップクリームはいくつかありますが、特におすすめしたいのが「ラ・シュシュ」のバストアップクリーム。

 

ラ・シュシュは、楽天や@コスメで何度も1位を獲得している人気のバストアップクリームです。

 

ラ・シュシュにはボルフィリンの他にも、有効成分がたっぷりと配合されており、バストアップとともに美肌の効果も期待できると口コミで高評価を得ています。

 

 

配合されている成分をご紹介すると

ボルフィリン…バストの脂肪を増やし弾力を与える
セサフラッシュ…ハリとツヤをもたらす
11種類の美容成分(潤い・ハリ・美白・シワ防止etc)

 

ラ・シュシュには女性に嬉しい成分がギュッと詰められてるバストアップクリームなのです。

 

さらに、こういった有効成分を「ナノ化」して配合しているので肌への浸透力も抜群。
潤いがある美バストへと導いてくれます。

 

 

ラ・シュシュのバストアップクリームは、プエラリアやイソフラボンと言ったような成分が非配合。
ピルと一緒に併用したい方や、女性ホルモンが安定しない10代の方、生理中でも安心して使用することができるので、幅広い女性たちに支持されているバストアップクリームです。

 

 

公式サイトには、商品の詳しい情報や、お得な情報も掲載中です。
気になる方は覗いて見てくださいね。

 

 

公式ページはこちら

 

 


TOP ランキング特集 選び方 飲み方 副作用 男性の育乳