バストアップクリームの塗り方まとめ!どうやって使うと効果的?

正しいバストアップクリームの塗り方をご紹介!

 

バストアップクリームはどうやって塗る?

 

バストアップクリームを使ってバストアップしたい!

 

と思ってバストアップクリームを購入したけど、いざ使おうと思ったら塗り方が分からない…
初めてバストアップクリームを使う人なら、塗り方が分からなくて当然ですよね。

 

バストアップクリームは正しい塗り方をすることで効果アップも期待できるんです!
またその反対で、間違った塗り方をすれば効果が半減してしまうことも。

 

このページでは、バストアップクリームの正しい塗り方をご紹介します!

 

 

バストアップクリームの塗り方まとめ

 

せっかくバストアップクリームを使用するなら、正しい塗り方をしっかり覚えておきましょう。
まず基本的な塗り方について4つご説明します。

 

塗り方1:タイミング

 

バストアップクリームの塗り方タイミング

 

バストアップクリームを使用するタイミングは、お風呂上りがおすすめ。
身体が温まると、体内の血流も良くなり、バストにも栄養が届きやすくバストアップにもさらに効果が期待できます。
また、お風呂上りの柔らかい肌にクリームを塗ることで、美容成分も浸透しやすく美肌作りにも効果的です。

 

 

塗り方2:量

 

バストアップクリームの塗り方量

 

バストアップクリームは商品によって、クリームタイプやジェルタイプなどテクスチャーが違ってきます。
そのため、1回の使用量も商品によってバラバラです。必ず説明書を読んで、その商品の正しい量をチェックしましょう!
しかし、バストサイズによっては使用量が足りなかったり、多かったりすると思うので、うまく調整しながら塗ることをおすすめします。

 

 

塗り方3:塗る位置

 

バストアップクリームの塗り方位置

 

バストアップクリームは手の平で馴染ませると、バストでの伸びがよく塗りやすくなります。
手の平で馴染ませたあとは、バストの輪郭を意識して全体を包むように塗ってあげましょう。
デコルテにもハリが欲しい方はデコルテの下まで範囲を広げて塗ってあげると全体的にボリュームアップが期待できます。

 

また、中にはバストとヒップに塗って女性らしいメリハリボディを目指している方もいます。

 

 

塗り方4:マッサージ

 

バストアップクリームの塗り方マッサージ

 

バストアップクリームをより効果的に使うのに重要なポイントとなるのが、バストマッサージです。
バストマッサージは、バストの血流を改善し、リンパの流れをスムーズにする効果があります。

 

リンパの流れを良くすることで身体に溜まった老廃物を流します。
老廃物が体の中に溜まってしまうと、バストアップの妨げにもなってしまうので、マッサージによってリンパの流れをよくすることはバストアップするために非常に大事なのです。

 

また、マッサージにはリラックス効果もあるので、寝る前に行ってあげることで質の良い睡眠をとることが出来ます。
良質な睡眠はバストアップに欠かせない成長ホルモンの分泌にも効果的です。

 

 

マッサージを取り入れると効果的

 

ではいったいどんなマッサージが効果的なのか説明していきます。

 

バストは脂肪と乳腺からできており、乳腺を刺激してあげると乳腺が発達し脂肪がつきやすくなります。
乳腺をマッサージする塗り方で乳腺を発達させ、リンパの血流を良くしましょう。

 

1:ツボを押す

バストアップクリームの塗り方マッサージ①
女性ホルモンの分泌させる効果があると言われているツボ「だん中」を押す。
だん中とはバストと谷間の間にある、押すとコリコリする箇所。

 

親指を当てて3秒くらい×5回

 

 

2:クロスのマッサージ

バストアップクリームの塗り方マッサージ②
左胸の下部を右手で支え、右胸の上へ優しく撫でるように持ち上げる。
同様に、右胸の下部を左手で支え、右の鎖骨の下へ優しく撫でるように持ち上げる。

 

左右交互に10回ずつ

 

 

3:マルのマッサージ

バストアップクリームの塗り方マッサージ③
左胸の上部に、右手をやさしく当てる。
上部に右手をやさしく当て、左胸のを左手でやさしく支える。
両手で同時にアンダーバストのラインにそってくるりとマルを描くように優しくさする。
右手は左脇へやさしくさすり、左手は胸の谷間に向かってやさしくさする。

 

左右交互に10回ずつ

 

 

4:バストをつまむ

 

バスト全体を痛くない程度つまむ

 

左右10回ずつ

 

 

5:リンパマッサージ

バストアップクリームの塗り方マッサージ⑥
リンパが集まっている脇の下から、脂肪をバストによせるような感じでさする。

 

左右交互に10回ずつ

 

 

6:二の腕の脂肪をよせる

バストアップクリームの塗り方マッサージ⑤
腕を上げて、二の腕からも脂肪を集めるようにさする。

 

左右交互に10回ずつ

 

バストマッサージは毎日行うことが大切です。
今日から是非トライしてみてくださいね!

 

 

塗る際の注意点

 

バストアップクリームの塗り方の注意点

 

次に、バストアップクリームの塗り方の注意点を見ていきましょう。

 

量を使いすぎない

 

バストアップに効果的な成分がたくさん入っているからといって、大量にバストに塗ってしまうのはNG
肌から吸収される量は決まっているので、大量に塗っても効果が期待できるという訳ではありません。
逆に、寝る前に塗りすぎてしまうと肌がベタベタになり不快感が残ることもあります。

 

また、量が少なすぎるのもおすすめしません。
量が少なすぎると、育乳に効果的な成分が浸透しにくくなってしまいますし、バストマッサージの際も余計な摩擦が加わり肌へのダメージを与えてしまいかねません。

 

自分が使用するバストアップクリームの規定の量を確認し、自分の胸に合ったベストな量を使用しましょう。

 

 

マッサージの際は力を入れすぎないで優しく

 

上記でも書いたように、バストアップには乳腺を刺激するバストマッサージが良いとされています。
そのため、ついマッサージの際に力が入りすぎたりすることも。

 

しかしそれは逆効果なんです!

 

強く乳腺を刺激しすぎてしまうと、バストを支えるクーパー靭帯が傷ついてしまい離れ乳や垂れ乳になってしまう危険も。
バストマッサージを行う際は、刺激されて気持ちいいなという程度の力でケアしてあげることがポイントです。

 

 

ボルフィリンなどの成分を使用する際は手を洗う

 

バストアップクリームの成分の中には、ボルフィリンという成分が配合されている商品があります。
ボルフィリンとは、皮膚の表面から浸透し塗った部分の脂肪を増やす働きがあると言われており、バストアップクリームにはぴったりの効果を発揮する注目の成分です。

 

しかし、こういった特徴を持つことから、ボルフィリンが配合されているバストアップクリームを使用した後は手をよく洗うようにしましょう。
マッサージした手をそのままにしてしまうと、手や指まで脂肪がつきやすくなってしまう恐れがあるので注意が必要です。

 

 

バストアップの効果を高めたい方へ

 

バストアップクリームの塗り方で効果を高めたい

 

今回はバストアップクリームの塗り方と注意点をまとめました。

 

皮膚の外側から浸透させるバストアップクリームでも、ご紹介したような塗り方やマッサージケアをすれば十分バストアップの効果が望めます。
正しいバストアップクリームの塗り方をマスターして、効率的にバストアップをするために、毎日続けてあげましょう

 

そして日々のバストケアに使用するバストアップクリームは、質の良い育乳成分が配合されているものを使ってあげることが大切!
正しい塗り方と高品質なバストアップクリームで理想のバストに近づけます。

 

当サイトでは、成分の質や口コミを基準におすすめのバストアップクリームを紹介しています。
これからバストアップクリームを購入しようとしている方はこちらも見てみてくださいね。

 

 

バストアップクリームランキング

 


TOP ランキング特集 選び方 飲み方 副作用 男性の育乳